シアトルには1月末から3月末の2ヵ月間行ってきました。事前情報としてシアトルの冬は寒いし、雨が多いよということでした。でも実際にシアトルの冬~春を暮してみると暮らしにくいというほど悪天候ではなかったです。

 

雨が多いといっても…

まず雨が多いです。シアトルに来てからの10日間、雨が降らなかった日がないです。ほとんどの日が曇りっており、青空すら見えませんでした。いつもこんな感じでした。

 

でも雨と言ってもシトシトと降る雨です。日本のようにザーザーと降る雨には2ヶ月間1度もありませんでした。そのため暮らしの中で雨の日は多かったですが、傘をさしたのはたったの2回です。

 

こっちの人はシトシトと降る程度の雨では傘をさしません。折りたたみを出して仕舞うのも面倒だと思ったというのもありますが、私もそれくらいの雨ではさしません。

ではシアトルの人はどうしているかと言いますと、雨の日はこんな感じの防水撥水性にすぐれたものを着て、傘をささないでいます。

 

 

天気予報はあてにならない

たまにシアトルの天気予報を確認したのですが、予報から外れることがいい意味で多々ありました。というのも基本、雨予報が多いのですが暮らしだして最初の10日間以降、予報は雨だけど急に晴れ晴れしてきてそのまま晴れてたりと嬉しい意味で外れがありましたね。

また、晴れると意外と暖かいです。厚着をして歩くとちょっと汗ばんでくるくらい暖かかったです。

 

寒い寒いというけれど本当か!?

シアトルの冬は寒い!という言葉を念頭に置いて準備等しましたが、正直それほどの寒さを感じませんでした。もちろん寒いは寒いのですが、はっきりいって日本の方のが寒いと思います。(私の住まいは中部地方)

こちらで知り合ったその日本人も同じことを言っていました。

『シアトルよりも日本のが寒いよね~』っと。

 

とはいってもヒートテックは必須

いくら日本のが寒いと感じても夜はそれなりにシアトルも冷え込みます。そのためヒートテックは必須です。

 

 

とくに寝るときに必要性を感じました。日本ほど寒くはないと感じましたがそこはやっぱり冬のシアトル。夜は冷え込みます。

以上が私が体感したシアトルの冬~春の気候になります。少しでも参考になれば幸いです。